--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄口醤油

2011年03月05日 23:37

薄口醤油について、いろいろ試してみた どれに落ち着いたのか?
はっきり言ってまだ落ち着いていない様な気がする!!
もともと薄口醤油とは「色香りを抑えるために、塩.酒を入れ塩分濃度は高めで日持ちしない」
では色を抑えて塩とアルコールで塩分濃度を調整したら薄口醤油に近いものができるのか?
馬鹿な考え???
作り方がチョイと違う
早速、10種類近く薄口醤油を集めてみた
色を見て 味を見て ラベル表示を見る
「こんなものまで入ってるでぇ」と思う物まである
各社、いろいろ違う!
薄口醤油はあるもっと程度統一された調味料と思っていた!!
色はよく似たようなものだが味が違う!
まったく違う!!
しかし、出しに当たりを何度も繰り返しつけていくと、だんだん解り始める
大きく分けて2種類ある
醤油の香りがあり大豆の風味があるもの
醤油の香りがあまりなく少し甘味を感じさせるもの
この2種類だろう、もちろんその中間もある
うちの出しは、
「本枯シビ節血抜き」と「本利尻の大ひね(二年以上寝かせる)を浜辺別で色々ブレンドしたオリジナル」
を使っている
とてもクリアーで少し甘味を感じ、カツオ特有の癖ある香りが少ない「出し」になる
という事は...



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://chikurinkyoto.blog116.fc2.com/tb.php/7-4e618e7a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。